パニック障害

パニック障害の症状回復には「適度な運動」が効果的!

パニック障害と運動の関係は?

こんにちは。パニック障害療養中の「かもしか」です!

パニック障害の人は運動不足になりがちだと思います。

かもしか
かもしか
運動したくない、心拍数あげたくない・・・

運動するとなんとなく心拍数が上がって息も上がって

かもしか
かもしか
またパニック発作になるかも・・・・

と心配になってしまいます。

ですが、、パニック障害の症状改善には「適度な運動がよい」とされています。

なにやら、運動すると脳のセロトニンという神経伝達物質がふえ、

ドーパミンやアドレナリンなど興奮する神経伝達物質の働きを抑えて

精神を安定化させる」効果があるらしいです。

かもしか
かもしか
せろとにん?

ここからかもしかの体験談

かもしかは、パニック障害を23歳で発症してから30歳まで運動という運動は一切しておりませんでした。

もちろんパニック障害の症状も良くならず、忘れたころに発作を繰り返していました。

ですが、運動がパニック障害によいということを知り、「週1回15分くらいのジョギング」から始めることにしました。

初めは、筋肉痛ばかりで辛かったですが、2か月くらいたつと足も慣れてきて、走った後の「爽快感」を感じることができるようになりました。

走った後は頭の中がすっきりする感覚??

汗をかくのが気持ちいと感じリフレッシュされてる感じでした。

かもしか
かもしか
走るときもちいい!
やまばと
やまばと
 やまばとは飛ぶと気持ちいいよ。

そのころから、パニック発作の頻度は少しずつ減っていきました。

今では走るのに夢中

はい。走るのが大好きになってしまいました。

なんか癖になるというか、中毒というか・・・

かもしか
かもしか
走った後の気持ちよさが忘れられない

会社でも昼休みは可能な限り走るようにまでなりました。

↓かもしかの昼休み↓

12:00~昼休み開始、着替え

12:10~ランニング開始(約25分)

12:35~ランニング終了、お弁当

12:45~シャワー

12:55~歯磨き

13:00~仕事

といって感じで分刻みのハードスケジュールですが、昼休み職場でグダグダするよりは爽快感があります。

ここまでランニングが好きになったのも、ランニングウォッチでモチベーションを維持できたおかげだと思います。

モチベーションを維持するのはランニングウォッチ

ランニングウォッチで何故モチベーションが維持できるか?

それは、

・過去に記録された距離やタイムを確認して成長を感じる。

・走った時の消費カロリーが計算される。

・友達と走った距離などを競える。

主にこういった理由があるかと思います。

かもしかはGarminの「vivoactive3」を一年くらい使っています。

メルカリで3万円弱で購入しました。

ボタン一つ押して走るだけで、GPSが起動し自動的に計測してくれます。

計測してくれるのは、

・1キロ当たりのタイム

・心拍数

・平均ピッチ

・高度

・カロリー 等

毎回記録することで自分の成長が目に見えてわかることがモチベーション維持になります。

gaemin vivo active3 review
【仕事とプライベートで兼用できるランニングウォッチ!】Garmin vivoactive3を一年間毎日使ってみたカモシカのレビュー初めに この記事はこんなひとにおすすめです。 ・ランニングウォッチを探している。 ・予算は3万~4万円くらい。 ...

話はそれましたが、、運動はパニック障害の症状改善につながる

パニック障害の症状改善には、適度な運動が良いわけですが、

運動するときの注意事項をまとめました。

有酸素運動とすること(筋トレなどの無酸素運動はあまり効果なし)

・激し過ぎないこと(軽く息が上がる程度がよい)

週に2~3回続けられること

パニック障害を患っていると

男性の口コミ
男性の口コミ
運動すると動悸が起きそう
女性の口コミ
女性の口コミ
呼吸が激しくなり息が詰まりそう

と思って運動をしなくなり、

体力が低下して、外に出なくなる

という悪循環を起こしがちですので、

ウォーキングなど軽い有酸素運動などから初めて

脳のセロトニンを増やして、パニック障害の症状改善を図りましょう。

かもしか
かもしか
最後まで読んでくれてありがとう。ツイッターやっているのでフォローしてねぇ