仕事

【指で直接書いているようなフィット感】LAMY2000シャープペンシルのレビュー

LAMY2000

はじめに

こんな人におすすめの記事です。

・仕事をするのに、長く使えるボールペンを探している。

・シンプルかつ飽きの来ないデザインを求めている。

・価格は一万円前後。

・彼氏彼女へのプレゼントを考えている。

こんな方へ、超おすすめのシャープペンLAMY2000のシャープペンを紹介します。

実際に4年間使ってみて買ってよかった4つの理由を紹介していきたいと思います。

LAMY2000とは

色んなレビューサイトで紹介されているとおり、約40年前にドイツのラミー社によって開発されたデザインのボールペンです。

(ちなみにシャープペンシルも同じ名前で販売されています。)

実際にamazonで購入してみました。

○高級感のあるオシャレな箱

LAMY2000

○LAMYの寝床

大切そうに収納されています。

LAMY2000

全世界で愛用されている理由

40年もの間、全世界で愛用されているのはそれなりの理由があります。

わたしなりに、思った4つの理由を紹介します。

【理由その1】デザインの良さ

黒とシルバーの2色使い

自らを主張しすぎない、艶消しされたヘアライン仕上げ

人間工学的に設計された(と信じている)、丸みを帯びた持ちやすい形状

他の文房具とも相性が良く、違和感なく溶け込みます。

○ヘアライン仕上げのツヤ消し効果により主張しすぎないデザイン

LAMY2000

○他の文房具とも違和感なく溶け込みます。

↓私の使っている文房具の一部

LAMY2000

左:CASIOのS100

真ん中:LAMY2000

右:KINGJIMのペンさむに収納されたシャープペン(LAMY社製とKAWECO社製)

【理由その2】手で書いているようなフィット感

理由その1で紹介したとおり、

人間工学的に設計された緩やかな丸みを帯びた形状と

絶妙な重さが、まるで手で直接書いているようなフィット感を感じさせ、長時間書いていても疲れません。

LAMY2000

普通のボールペンは、色を変える時に「カチっ、カチっ」とプラスチックがぶつかる音がします。

LAMY2000のボールペンは、振り子方式により切り替え機構が採用されており、

変えたい色を、上に向けながらノックすることでその色がペン先から出てきます。

○青を上にしてノックした状態

LAMY2000

この時の音は「シャリっ」とまるでかき氷を食べる時のような音がします。

この音を嫌だと他のブログで書いてあるのを見かけますが、私には快適に聞こえます。

むしろ、会議中や打ち合わせ中など、音が小さく目立たないので、周りの気を散らさずにすみます。

【理由その4】ジェットストリートのリフィルが使える。

純正のリフィルは正直言って、脂っぽくねちょねちょしていて使いにくいです。

液が出るまで、少しラグがあるため、きれいに書けません。

そこでジェットストリートのリフィルを使いましょう。

LAMY2000

私は、黒、赤、青はジェットストリームのリフィルを使っています。

緑は発売していませんでした。

ジェットストリームのリフィルにより細く滑らかな文字が書けて最適です。

まとめ

いかがでしょうか。

私は、約4年間LAMY2000のボールペンを使っていますが、全然飽きがこず、壊れずに使っています。

また、彼氏・彼女など大切な人へのプレゼントにも最適です。飽きが来ないデザインなのできっと長く使ってくれるでしょう。

この機会に是非!最後までお読みいただき大変ありがとうございました。