ランニング

【仕事・プライベート兼用できる高機能ランニングウォッチ!】Garmin vivoactive3の7つの良かった点と2つの注意点!

gaemin vivo active3 review

目次

はじめに

こんにちは!子育てしながらランニングしているかもしかです。

この記事はこんなひとにおすすめです。

・ランニングウォッチを探している。

予算は3万~4万円くらい。

・歩数、心拍数、睡眠などのライフログも取りたい。

仕事でもプライベートでも同じ時計を使いたい。

健康維持のため、ランニングを始めたのは約2年前でした。

以前はスマホを持ちながら、ナイキのアプリ「NIKERUN」を使い走っていました。

GPS機能により、走った距離やルート、1km当たりのタイム、カロリーなどを表示してくれるのはとても便利だと思いましたが、しばらく使っていると以下の不満点が生じてきました。

・周りがうるさいと、聞こえない(イヤホンすればよいのですが、、、)

・走っているのでポケットに入れているとスマホのバイブが感じない(1kmごとにバイブします)

・いちいちアプリを起動するのが面倒。(結構時間かかる。)

・そもそもスマホが重くてしんどい・・・

かもしか
かもしか
もっと快適にランニングしたい!ついでなら日常の心拍数や歩数などライフログを取りたい!

歩数や脈拍数、睡眠時間などのライフログも取りたいため、仕事中でもプライベートでもずっと着けていられるデザインのスマートウォッチを探していました。

アマゾン川をふらふらしていると飛び込んできたのがGarmin社のスマートウォッチです。

どれもデザインがかっこいいし、盤面が見やすい!

特に「vivo active3」の黒くて光沢があり、シックなデザインに心を奪われてしまいました。

気づいたら、ポチっと購入ボタンを押していました。(汗

 

Garmin vivoactive3を一年間使った感想(レビュー)

2018年の3月に購入し、一年以上毎日使ってみてvivoactive3を買って良かった点と、注意すべき点について紹介します。

vivoactive3を買って良かった点

Garmin社の「 vivoactive3 」が良かったところについて紹介していきます。

【良かった点その1】vivoactive3の外観はシックで仕事・プライベート両用できる!

同じGarmin社でも235Jなどを代表とするForeAthleteシリーズもありますが

235Jもランニングするだけなら全然OKなのですが、少しカラフルでカジュアルな印象があります。

 

ForeAthlete235J

235J

黒いベゼルもありますが、穴から赤がラチラ見えるのが少しカジュアルチックで気になりました。

vivoavtiveは、

vivoactive3

vívoactive® 3 Black Stainlessvívoactive® 3 White Stainless

3色展開しております。

白黒でシンプルではありますが、仕事着、スーツにも合うと感じました。

中でも一番左の「Black Slate」が黒の光沢がシックで一目ぼれしました。

ちなみに、なぜかBlack Slateだけは定価が¥ 36,852(税别)

ほかの色は¥ 32,223(税别)となぜか高い。。。

実際に、仕事でもプライベートでも使っていますが、どんなスーツや仕事着、私服、増してや作業着でも全然違和感なく、うまく溶け込んでおります。

服装を選ばないvivo active3はおすすめです。

詳しく見る

ちなみに今は音楽を保存・再生できるvívoactive® 3 Musicタイプも出ているようです。

vívoactive® 3 Music Black

詳しく見る

当たり前ですが、どのモデルも防水・防塵です。

【よかった点その2】Garmin Connectでライフログなどが記録できる!

ソース画像を表示

Garmin Connect」というアプリでライフログやアクティビティの記録を管理できます。

一日中時計を付けているだけで様々な情報を記録してくれます。

盤面後ろの緑色のセンサーが脈拍数など測ってくれるそうです。

親パクスセンサー

↓ライフログではステップ数(歩数)やストレスレベル、カロリー等を記録してくれます。代表的なものを見ていきましょう。

○心拍数
vivoactive3心拍数

時系列で心拍数の推移を表示してくれます。

走っているときは、180回/分くらいまで脈拍が上がっているのがよくわかります。

○歩数
ステップ数

続いて歩数です、わたしの一日の歩数目標は9940歩(変更可能です)としており、到達すると時計のバイブと液晶で知らせてくれます。

○ストレス
ストレス

ストレスの高低も図ってくれます。

わたしが、会議中であったり議論中の時はいつもストレス値が高くなります(汗

一週間ごとのストレス平均なども見ることができるの、長い目でストレスが溜まっているかを見ることもでき、リフレッシュのタイミングも図ることができます。

○睡眠
睡眠

最後に睡眠時間、睡眠の深さ、レム睡眠の時間なども図ってくれます。

これも何日もデータを取り続けること、睡眠時間と併せて体調の管理ができます。

【良かった点その3】10秒で走り出せる!ランニングモードの起動が簡単!(起動方法も紹介)

ナイキランなどのアプリだと、携帯のロックを解除→アプリ選択→アプリの起動→ランニングモード起動(約10秒)→起動したスマホをポケットやバックにしまう。→準備完了

一連の作業で、約60秒ほどかかり、すぐに走り出せないストレスがあります。

ですが、vivoactive3だと、

○STEP1 横のボタンを押す

するとこの画面になります。

ランニング準備
○STEP2 画面をタップ

GPSを受信中の画面になります。

場所にもよりますが、約5~10秒ほどで受診できます。

GPS受信中
○STEP3 準備完了

ここまで約15秒ほどです。

ランニング準備完了
○ランニング中の画面表示
garmin vivo acitive3 running

標準は4段表示になっていて

一番上の段は、走ったトータル時間

2段目は、距離

3段目は、1km当たりのペース

4段目は、心拍数が表示されます。

表示が大きいため、走りながらでも見やすい工夫がされています。

【良かった点その4】ランニング時の細かい情報を記録できる。

↓ランニングした後は、タイム、距離、カロリーなどのサマリーが記録されます。

ここまでは、ほかのスマートウォッチでも当たり前です。

○速度、心拍数、ペースなども記録される

ランナーとして重要な、速度や心拍数、1km当たりのペース、平均ピッチまでも記録してくれます。

ランニング記録1 ランニング記録2

↑「ピッチ」とは脚の回転数であるステップの頻度です。

かもしかは、長距離を走るため、足の負担を減らすため、ピッチは180を目指しています。

○1キロ毎に平均ペース
キロペース

次に1キロあたりのペースです。

かもしかは、フルマラソンでサブフォー狙うためトータル5分41秒を目指していますがまだまだ修行が足りないようです。。。

○過去のランニング記録を確認できる
ランニング記録

オレンジをタップすると、ランニングサマリーの画面に遷移します。

友達も登録できるので、かもしかの友達がイイね!してくれています。

友達とつながって競い合えることが、ランニングのモチベーションアップにつながるのです。

ちなみに10分間歩き続ける(設定できます)と自動的にウォーキングとして記録され、2分間走り続けると自動的にランニングモードが起動するように設定することも可能です。

【良かった点その5】ウォッチフェイスが着せ替え可能で飽きが来ない!

ウォッチフェイスは、盤面のデザインのことです。

標準で搭載されているデザインは、正直かっこよくない・・・

しかし、connect IQストアで百種類以上ある中から無料で着せ替えすることが可能です。

Garmin Connectのアプリ内からconnect IQストアへ移動することができます。

connect IQ

○↓かもしかのダウンロードリスト

 

↑「Garmin connect」アプリでいろいろなウォッチファイスを選択・ダウンロードできます。

かもしかはのお気に入りはというと、、、

冬は左の真ん中へんにあるトナカイちゃんがかわいいので愛用していました。

トナカイモード

日にち、曜日、歩数や、バッテリー残量もこの画面で確認できます。

TPOに合わせてウォッチフェイスが変更できるのはとてもありがたいし、

飽きが来ないです。

おススメのウォッチフェイスやウィジェットもこちらでも紹介しています!

ウォッチフェイス
【GarminConnect】おすすめウォッチフェイス厳選3選!TPOに合わせたウォッチフェイスで気分転換しよう!Garminn Connectのウォッチフェイスとは・・・ こんにちは、GarminConnectを2018年2月に買って一年以上使い...
天気ウィジェット
【Garmin connectのおススメウィジェット!】天気ウィジェットなどをダウンロードしてスマートウォッチを便利にカスタマイズしよう!Garminのスマートウォッチ専用アプリ「Garmin Connect」のウィジェットが便利! こんにちは、今回はGarmin社のスマ...

【良かった点その6】バッテリーがタフ!一週間もつ!

viovoactive3は、GPSを使用しない通常使用で6~7日持ちます。

一日使って15%くらいした残量が減りません。

ランニングなどでGPSを使うと電池の消耗が早くなります。

それでも、フルマラソン(5時間)で50%ほど十分に残量が残っていました。

【良かった点その7】充電速度が異常に早い!

購入時は、USBの充電ケーブルが付属されており、アダプタはアイフォンの充電器が使えます。

実際に充電してみると、残り0%から「40分から45分くらい」でほぼ満タンになります。

夜のうちに充電するのを忘れていても、朝起きてすぐに充電すれば、仕事に出かけるまでの間にほぼフル充電になっているでしょう。。

vivoactive 充電

↑盤面裏の楕円系の端子から充電します。

vivoactive 充電

↑かもしかの充電セットです。少し不格好ですが、アイフォンの充電をそのまま使っています。

 

これからvivo active3を使う人のための注意点!

一年間使って、不便に思っていた点とその解決方法を紹介します。

【注意点その1】充電に慣れが必要!

最初は、充電に戸惑います。

接触が悪いのか、充電コードを差し込んでもしばらく充電している表示がでない場合があります。

vivo active3の充電端子は、標準だとむき出しなので、汗やほこりなどで汚れがつく接触が不良となり、充電できないことがあります。

そんな時は、やわらかい布で充電端子部分を拭いてあげればすぐ解消します。

拭くのがめんどくさいひとは、防塵プラグを装着することで充電端子を汗などのよごれから守ることができます。

 

【注意点その2】サイドスワイプ機能により誤操作する可能性あり!(OFFにすれが解決できるよ。)

使い始めて最初のころ、時計に触っていないのに、画面が切り替わっていることがよくありました。

よくよく調べてみると、時計の側面にタッチセンサーがついており、これを指などでこすると画面が遷移する機能があるようです。

この機能はサイドスワイプ(side swipe)と呼ばれています。

↓横のざらざらしたところ

タッチセンサー

画面に触れなくても再度スワイプで操作できる一見便利な機能のように思われますが、普段使いしていると洋服とこすれたときにサイドスワイプが機能してしまう時があります。

これは、サイドスワイプ機能をオフにすることで解決できます。

このサイドスワイプをオフにする方法を紹介します。

○時計の盤面を1秒くらいタップ

時計の盤面をタップしつづけると設定画面が開きます。

設定をタップします。

vivoactive サイドスワイプ
○システムをタップ

次にシステムをタップします。

vivoactive サイドスワイプ
○SIDE SWIPEをオフに

ここでやっとサイドスワイプのオンオフスイッチがありますでの、タップしてオフに設定します。

↓オンの状態 右側のバーが緑色

vivoactive サイドスワイプ
○SIDE SWIPEがオフになった!

右側のバーがグレーに

vivoactive サイドスワイプ

これで、洋服とこすれて誤操作する心配はありません!

まとめ

ランニング vivoactive3

以上、vivo active3を一年間使ってたかもしかのレビューでした。

vivo active3は

①ランニングウォッチっぽくない、シックなデザインなので仕事・普段使いもできる!

②歩数・脈拍、睡眠時間、ストレスの具合などのライフログを記録できる!

③ランニングモードの起動が超早い!!

④速度やピットなどランニング時の細かい情報を記録できる!

⑤ウォッチフェイスが数百種類の中から着せ替えられるので飽きが来ない!

⑥バッテリーがタフで一週間持つ!

⑦その割に、充電がわずか45分で満タンになる!

一石7鳥の時計で一年使っても買ってよかったといまだに思っています。

今なら価格も、31,000円くらいと定価(約36,000円)と比べ安くなっています。

是非ご検討ください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ウォッチフェイス
【GarminConnect】おすすめウォッチフェイス厳選3選!TPOに合わせたウォッチフェイスで気分転換しよう!Garminn Connectのウォッチフェイスとは・・・ こんにちは、GarminConnectを2018年2月に買って一年以上使い...