仕事効率化

「F4キー」は直前に実施した操作の繰り返し!ワード・エクセルでの仕事効率化術

F4キーは直前操作の繰り返し

 はじめに「F4」キーとは

こんばんわ。

仕事を早く終わらせて、仕事のストレスを少しでも軽減したい、かもしかです。

今回は、意外と知られていない「F4」キーの機能について説明します。

F4キーはファンクションキーの4番です。

F4キー

普段はあまり使うことがないと思いますが、ワード・エクセルで作業する上では外せない重要な機能を持つキーです。

「F4」キーの使い方を知っているだけで、今までのイライラして手間がかかったワードやエクセルの作業が一瞬でできるようになるはず!

やまばと
やまばと
やまばとはF4なんてつかったことないわ。
かもしか
かもしか
使えると一生役に立つよー

こんなひとにおすすめ

・仕事を少しでも早く終わらせたい。

・パソコン作業でのストレスを減らしたい。

・(性格が)面倒くさがり、せっかち

こちらで、デスクトップの配置術も紹介していますので是非ご覧ください。

カモシカ流デスクトップ配置術
【効率よいデスクトップ配置術】6つの領域でデスクトップを区画割り、かもしか流デスクトップ配置術初めに こんにちは、かもしかです。 今回は「仕事効率化」シリーズです。 パソコンのデスクトップについて「かもしか流...

「F4」キーのワード・エクセルでの役割

ずばり「F4」キーの役割は、直前に行った操作の「繰り返し」です。

ワードでの「F4」キー使用例

・文字のサイズを変更する。

・太文字にする。

・下線をひく。

・フォントを変える。

・行間を変える。

・インデントを変える

これらすべての操作にF4キーを使って繰り返しができちゃいます。

例えば、ワードにおいて文章に下線を引きたいとします。

このとき、「少し離れた場所の文字にも下線を引きたい!」

↑こんな時にいちいち、またマウスで文字をドラッグして選択してメニューバーにある下線ボタンを押すのはナンセンスです。

「F4」なら一瞬で下線を引けちゃいます

①一か所目を選択。

(選択は、「Shift」+「方向キー」または、マウスのドラックでできます。)

②1か所目に下線を引く

下線はホームタブで選択しても良いけど「Ctrl+U」でも引けるよ!

(U=Under Line)

③離れた場所の文字を選択

④「F4」キーで一発で太文字に!

 

やまばと
やまばと
いちいちマウスで選択しなくて済むんだね。

エクセルでの使用例

エクセルでも、同様にいろいろな作業

・文字サイズを大きくする。

・罫線を引く。

・列の挿入や削除。

など、様々な操作の繰り返しが一瞬でできます。

「罫線を引く」を繰り返すときの例

左の表に「罫線を引いて」、右の表にも同じ操作を繰り返します。

①左の表に罫線を引く

F4キーの使い方

罫線引くときの、操作方法はいろいろありますが、かもしかは

・罫線引きたいところをドラッグ

・Ctrl+「1」でセルの書式設定を開く

・罫線タブから、外枠、内側を選択

・「OK」

このとき、

左手の役割は「ショートカットキーを押す」

右手は「マウス操作」とすることで

マウス→キーボード、キーボード→マウスと持ち帰る手間が省けます。

②右の表をドラッグして選択

F4キーの使い方3

直前の操作を繰り返す範囲をドラッグして選択します。

③F4キーで繰り返す!

「F4」キーを押すと・・・・

F4キー使い方

見事、直前の操作が繰り返されました。

やまばと
やまばと
やったー、これならやまばとにもできそう。

まとめ

「F4」が使えることによって、

1回の操作では、短縮できる時間は1秒くらいかもしれません。

しかし、頭で考えることや手を動かすことの疲労を考慮すると、効果は「1回10秒」ほど違うと思います。

特に、事務作業をメインとする方は、積み重なれば

一週間で1時間、一か月で4時間くらい違うと思います。

かもしか
かもしか
ちりも積もれば山となるー

そのほかにも、ワードやエクセルは、ショートカットキーを使うことでかなり仕事を効率化できます。

これからも、仕事効率化につながるよく使うショートカットなど紹介していければと思います。

かもしか
かもしか
最後まで見てくれてありがとう。ツイッターもやってるので良ければ、フォローしてください。